バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バラの秋剪定間近。バラの葉が落ちる?

「どうしてここのバラは葉がたくさん残っているの?」
暑い中、お越しいただいたお客様から良く受ける質問です。
P8117484.jpg

四季咲きのバラは、関西の平地でしたら年に4~5回開花します。
5月に1番花が咲いてからは、花枝を半分ぐらいに切り戻す作業を繰り返します。
切ってから大体1ヶ月半ぐらいで次の花が咲きます。
能勢ばら園では今、2番花が終わったか3番花の花枝が上がっている状態の株が多いです。

夏にバラの葉が落ちてしまって良い花が咲かないという場合、
「凋花切りが浅すぎる」
という原因が良くあります。
1番花の花枝を長く残すと、次に出てくる2番花の枝は細くて短く、花も小さくなります。
結果的に1番花の葉が多くてこの時期にはだんだんさみしい姿に。。。
P8117492.jpg
現在のバラ苗の状態、下から葉が全部ついているように見えますが、
1番花の葉はあまり多くは残っていません。
鉢植えなので、出来るだけ背を低くコンパクトに仕立てるため、
1番花の凋花切りは花枝の半分よりもおおむね1芽下ぐらいまで切ってます。
新しい枝の葉がほとんどで、しっかりした花枝やシュートの葉なので、
葉がたくさんあるように見えるわけです。

P8117491.jpg
2番花の花枝は、そこで秋剪定する場合が多いので、少し長めに残して切ります。
もしくは、秋剪定までそのまま咲かせっぱなしです。
凋花切り作業が追いついてないという状況もあったりして。。。
バラも植物なので、葉がたくさんあれば光合成が盛んになって株が充実し、
良い花が咲くようになります。

P8117493.jpg

中途半端な山間部の能勢は寒冷地ほどではありませんが、
平地よりも気温は低く夜間は冷え込むので、
秋剪定が9月5日以降になると秋の花が咲かないことが多いです。
このため、移転してから3シーズン目の今年は、秋剪定ではなく凋花切りを続けるだけにしました。
なので、9月に全然花が無い状態にはならないでしょう。
逆に11月以降は少しさみしい状態になるかもしれませんが。
[ 2016/08/14 18:07 ] バラづくり | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。