バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バラの接ぎ木のための台木処理

昼間はせっせと台木を洗ってます。
バクテローズ処理するためには根洗が必須。
洗いすぎて皮がむけてしまうといかんので、微妙な水加減で1本ずつ丁寧に洗います。
CIMG6505.jpg
今年は穏やかな天気が続いてるので、だいぶ作業が楽です。

夜は台木の処理。

太い台木の首を切るのは岡恒の210mm。
びんびんに研いで、すぱぁ!っと切れるようにしてます。
IMG_0527.jpg
以前は電動の鋏を使ったりもしていたんですが、いつの間にか使わなくなりました。

台木の足を切るのは、これ。
IMG_0528_201601091733373b3.jpg
フェルコのエッセンシャルというタイプ。
スイス製のフェルコはスウェーデン鋼の高級品ですが、その廉価版。
輸入元さんからサンプルでいただいたのですが、フェルコらしからぬシンプルな作りで、
柄は樹脂製で軽いです。
正規輸入販売はされていません。
ストッパーがすぐに取れてしまったり柄のたわみがあるなど、剪定で使うにはちょっとアレですが、
台木の根の処理の時だけはどんな鋏にもまさる使い勝手の良さ。
刃が硬いので研ぐのに少し苦労しますが、切れ味がものすごく長持ちします。
で、細かい根がきれいに切れるんです。
ボディはチープだけれど、刃はスイスメードの一級品です。

首と足切ったらバクテローズ漬け。
IMG_0529_20160109173637a8c.jpg
文字通り、漬け物樽です。
一度に100本ぐらいしか浸からないし、切ってすぐに浸けないといかんので、
一人でやってるとすごい時間がかかります。
トホホ。。。
[ 2016/01/09 17:40 ] バラづくり | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。