バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つるバラの誘引=小さなアーチ(ロサ・ポーリー&ローブリッター)

あけましておめでとうございます。
今年初めての投稿です。

年明けから暖かい日が続いて、2日からずっと台木洗いと穂木取りに励んでます。
今日は定休日で、お客様宅へ。つるバラの誘引です。

暖冬につき、やっぱり平地では残っている花は結構良い花があります。
パット・オースチン。
IMG_0532.jpg

このところ毎日、一日中鋏を使ってるので、筋肉痛で腕がだる重い・・・
でも、気合いを入れてスタート。

まずは入口の小さなアーチ。
IMG_0530.jpg

右側は、おそらく「ロサ・ポーリー」。トゲがすごくて、放っておくと地を這って伸びるタイプのハイブリッド・スピーシーズ。
夏に枝を整理してシュートだけにしてありますが、その後で出た枝は上の方から真っ逆さまに伸びてます。
左はローブリッター。一季咲きですが半つる性で、枝は細くてあまり長く伸びません。夏に成長が止まります。
花も樹形も全く性格が違う組み合わせですが、ロサ・ポーリーは枝垂れさせて誘引できるので、
先にローブリッターを仕立てて、反対側のロサ・ポーリーをローブリッターのてっぺんまで持ってアーチ全体に咲かせます。

IMG_0533.jpg
とりあえず、結わえている紐を外して。ローブリッターは枝数も少なく寂しい姿。
でも、これで結構良く育った方なんです。

IMG_0540.jpg
残っている葉を取って、枝を少し整理します。
ローブリッターは、細い枝からもたくさんの花を咲かせるので、細かい枝を残して剪定します。

足下の方の枝はこんな感じ
IMG_0534.jpg

細かい枝もちょんちょんちょんと切って、アーチに押っつけるように結わえます。
IMG_0543.jpg

足下の枝はミニバラの剪定のようです。
IMG_0544.jpg

咲くとこうなります。去年の6月。
IMG_0202.jpg
この細枝からは想像できない花数ですね。

さて、強敵のロサ・ポーリー。
IMG_0536.jpg

上の方から枝を全部外します。全部昨年のシュートですが、すごい量の枝です。
IMG_0538.jpg

枝数が多いので、シュートの枝を切る位置を下から上までまんべんなくして、アーチ全体に咲かせます。
IMG_0545.jpg

下の方から誘引していき、途中までやったら今度は上の方に上げる枝を誘引し、最後に中間部分をやると、バランスよく全体に枝を配置できます。
IMG_0546.jpg

IMG_0558.jpg

完成。1時間半かかりました。。。
かなり枝数は減らしましたが、それでもまだ多いぐらい。
先の方の細い枝は、花枝が伸びてくると枝垂れする事を考慮して、だいぶ遊ばせてます。
IMG_0557.jpg

咲くとこんな感じ。今年6月。もう花終わりかけ。
IMG_0201.jpg

[ 2016/01/05 22:12 ] バラづくり | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。