バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィーピングローズの植え付け

今日火曜日はお店の定休日で、お客様宅にお伺いしました。
天気予報では午前中曇りで昼から雨。なんとか降ってくる前には終わらせたいと思います。

広いお庭の一角で、樹高5mぐらいの桜が植わっていた場所をウィーピングローズにリプレース。
朝から雲一つ無く、風も無くて暖かい天気で、シャツ1枚でも汗ばむぐらい。

既に植木屋さんの手によって、桜の木はきれいに無くなってます。
でもって、大きな穴が・・・想定外です。
配線は分かるようになっているので助かります。
CIMG15121501.jpg
直径90センチ、深さ70センチぐらい、まわりの表土も減っているので、大体400リッターぐらい土が要ります。
幸い、近所にホームセンターがあるので、大量に真砂を買い出しです。

植え床は十分な大きさなので、ここに真砂土とわかば長繊維ピートモスパーライトを入れて、良く混ぜていきます。
各資材の割合は、真砂土に対してわかば、長繊維ピートモス、パーライトが各々1割です。
CIMG15121502.jpg

植え床の土が出来上がったら、特性のウィーピング用支柱を立てて垂直を出し、苗を植え込みます。
この支柱、基礎を打たずに完全に固定できるように工夫が凝らしてあります。
植え付ける苗は、2m接ぎのポール・ノエル。
大変樹勢が強く、たくさんの枝が一気に5m以上伸びるので、風の影響を強く受けるため、支柱は特にしっかりとしたものにする必要があります。

植え付け後は、株の周囲の表土に肥料をなじませ、長繊維ピートモスでマルチング。
水をたっぷりやって完成です。
CIMG15121503.jpg
[ 2015/12/15 18:28 ] バラづくり | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。