バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つるバラの誘引

今日は定休日。お客様宅でバラの手入れです。
日本海に面した場所で、冬は雪が多いため毎年12月の第一火曜日に行ってきます。
昨年は風が強くてめちゃ寒かったのですが、今年は雨&強風の天気予報は外れて曇り。風も少なく、無事に終了です。
何本かあるつるバラの一つをご紹介します。

お家の北面のフェンス。かなり日当たりが悪い場所ですが、手前のアルバ・メイディランドは旺盛に育っています。
左奥はピエール・ドゥ・ロンサール。さすがにほとんど日が当たらないので、シュート1本2.5mほど。
IMG_0244.jpg

反対側から見たところ。
IMG_0247.jpg

まずは、枝を結わえているシュロ縄を全部切って外し、古い枝(今年咲いた枝)を全部取り除きます。
複雑に絡み合った枝をほぐしながら古枝を切って取り出すのですが、引っかかるトゲのある品種なので無理に引っ張ると新しい枝を折ってしまいます。焦らず慎重に作業を進めます。
新しい枝に残っている葉は、全部取ります。

ちょっと分かりにくいですが、これが整理する前の状態。
IMG_0248.jpg

新しい枝だけにした状態。
IMG_0250.jpg

咲く枝だけになりました。このアルバだけで、ここまでで1時間半ほどかかります。
IMG_0252.jpg

後は全体のバランスや咲いたときの様子を想像しながら、枝を誘引していきます。
この品種は、匍匐(ほふく)して伸びるタイプの品種なので、枝を下向きに誘引しても咲きます。
むしろ、水平に誘引するよりも一度上に上げてから下げるようにして枝先を遊ばせると花数が増えます。

ようやく誘引完了。トータル2時間。棘の多いランブラー系の品種の誘引は時間がかかります。
IMG_0255.jpg

4年前、初めてきたときは・・・すごい状態でした。古枝が5年分も残してあって、それを取り除くのに半日かかる始末。
それまで他社さんにしていただいていたそうですが、「年々咲かなくなってきたので何とかして欲しい」と。。。
IMG_0256.jpg
ランブラー系の品種の誘引は「古い枝を取って新しい枝だけにする」だけなので簡単なのですが、とても時間がかかります。

日陰で枝数の少ないピエールの誘引は30分ほどで終わり。
IMG_0258.jpg
太いシュートが立つ大輪のつるバラは下向きに誘引しても枝先まで咲かないので、枝を寝かせるのは水平近くまでです。
[ 2015/12/01 22:47 ] バラづくり | TB(-) | CM(2)
つるバラの誘引
こんばんは。バラの誘引は苦手な仕事で(イングリッシュローズが多いのでアーチに添わせるだけです)枝抜きをしてサッパリさせたつもりでも何だかガッカリの出来でしたが、お写真のように思い切り古枝を抜いて新しい枝だけを伸び伸びと誘引すれば良いお花が咲いてくれるんですね^_^ 運が良ければベーサルが期待できるかもしれませんし。今年は自信を持って大胆に剪定をしてみようと思います。とても参考になりました。
[ 2015/12/03 21:36 ] [ 編集 ]
Re: つるバラの誘引
ミサト様
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

つるバラの誘引は、品種や誘引する場所・株の状態やどういう風に咲かせたいかでやり方も色々ありますね。
これから2月まで毎週火曜日は誘引の日々ですので、出来るだけたくさんの事例をご紹介したいと思います。
テレビや本で紹介されているやり方は「そらちゃうでぇ!」っていうのもたまにあるもんですから。。。
[ 2015/12/03 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。