バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

根詰まり

バラは生育旺盛ですから、鉢植えで栽培するといずれ根詰まりを起こして育たなくなり、花も咲かなくなります。

これはノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)でつるバラです。使い物にならない接ぎ木用の台木を今年の3月に鉢上げしたものですが、夏は水涸れがめちゃ早いし、すぐに肥料不足で葉色が悪くなります。わずか5リッターの鉢では既に根詰まりを起こして生育が止まり、早くも紅葉しています。いくら肥料やっても水やっても根詰まりはどうしようもありません。



一方こちらは同じものを土手の斜面に植え床を作って植え込んだもの。


広大な土手を草刈りする間もなく除草剤を使ったので、夏、新芽に薬害が出て枝先を切り戻しましたが、今はすっかり元気になって葉もまだ青々としています。
大きな植え床を作って植えたので、いくらでも根を張ることが出来るから超元気です。

バラを鉢植で育てる場合、大きく良く育つ品種ほど根もいっぱい伸びるので、根詰まりするのが早くなりますから、状態を見て土替えや鉢増しをする必要があります。
逆に、大きく育つ品種でも枝数を制限したり短く切ったりすれば、それに応じて根の育ちも遅くなって、根詰まりするのを遅らせることも出来ます。
良い鉢苗を作るために気をつけている事の一つですが、肥料や水分、日当たり、品種による違いなどいろいろなファクターがあるので、なかなか全部の苗がそう上手くいくとは限らず、日々奮闘しています。

[ 2014/10/31 19:05 ] バラづくり | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。