バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド

P8067452.jpg
長い名前のこの品種、枝も細長い四季咲きのイングリッシュローズです。
酷暑の中、葉を落とすことも無くぽつぽつと咲きます。

P8067451.jpg
今は花弁数の少ない小さな花ですが、これはこれでまた風情があります。
強いフルーツ香。耐病性も高いです。

P8067453.jpg
バラ苗 ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド 10号鉢植え
スポンサーサイト
[ 2016/08/10 21:40 ] イングリッシュローズ | TB(-) | CM(0)

ウォラトンオールドホールとコンテドゥシャンパーニュ

ウォラトン・オールド・ホール
P7317413.jpg

コンテ・ドゥ・シャンパーニュ
P7317414.jpg

ウォラトンオールドホールとコンテドゥシャンパーニュ、花はよく似てます。
コンテドゥシャンパーニュの方が退色が早くて、すぐに白くなります。

ウォラトンオールドホールは花枝の長い木立性。
コンテドゥシャンパーニュは半つる性で、シュートの先に花をつけるので、中型のシュラブとして作れます。
ウォラトンはちょっと黒点に弱く、コンテドゥシャンパーニュの方が耐病性は高いと感じます。
が、ウォラトンの苗が輸入苗なので、その違いかもしれませんが。

P7317418.jpg
ウォラトン・オールド・ホール 鉢植え苗

P7317417.jpg
コンテ・ドゥ・シャンパーニュ
40cmの大きな鉢植え苗
7号鉢植え苗
[ 2016/07/31 21:26 ] イングリッシュローズ | TB(-) | CM(0)

サー・エドワード・エルガー

P7237366.jpg
ショッキングピンクでダマスク系の香り。四季咲きです。
春よりも2番花の方が少し小ぶりですが濃い色になっています。

P7237368.jpg
枝は細めながら上を向いて咲きます。
なかなか良い品種だと思うんですが、オースチンのカタログでは追加品種扱いになっています。

P7237369.jpg
ベンジャミンブリテンとエルガーはイングリッシュローズであるんだけど、
ホルストは無いんですよね。。。

P7237370.jpg
サー・エドワード・エルガー 10号鉢植え

P7237367.jpg
サー・エドワード・エルガー 8号鉢植え

[ 2016/07/24 20:16 ] イングリッシュローズ | TB(-) | CM(0)

クリストファー・マーロウ

P7237360.jpg
大きな鉢苗のクリストファー・マーロウ、2番花が長い間咲いてます。
花枝が長いシュラブ樹形ですが、割と単価咲きで枝立ちは多いです。

P7237358.jpg
2番花も1番花と同じような感じで、咲き始めは濃い色の小ぶりな中輪花。

P7237361.jpg
咲き進むと花径がだいぶ大きく広がってきます。

枝が細めで、株の外側の枝はうつむいて咲き、結果的にドーム状の樹形になります。
P7237362.jpg
40cmのスリット鉢植え

P7237363.jpg
10号鉢植え

P7237365.jpg
8号鉢植え

P7237364.jpg
7号鉢植え
[ 2016/07/23 18:12 ] イングリッシュローズ | TB(-) | CM(0)

セント・セシリア

P7207338.jpg
枝は細めですが上を向いて咲くイングリッシュローズ。
ミルラ系の強い香りです。

P7207339.jpg
暑い時期は薄い色になります。

四季咲きで枝数が多いブッシュタイプです。
P7207341.jpg
セント・セシリア 10号鉢植え
[ 2016/07/21 16:39 ] イングリッシュローズ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。