バラ苗専門店イタミ・ローズ・ガーデン 広沢章夫のブログ

能勢ばら園の様子やバラ苗品種のご紹介、バラづくりに関する事など書いて参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

散水ノズル

IMG_0757.jpg
園内の鉢苗への水やり、毎日3時間から4時間かかります。
散水ノズルによって水やりの効率がずいぶん違うので、これまで色んなノズルを使ってきて、
このノズルがベターでした。
三木のメーカーでZETTOというブランド、手作りのようです。

が、真鍮で出来ていて非常にデリケート、この噴口や本体も何かに当てるとすぐに変形して、
噴水の状態が悪くなってしまいます。
噴口だけパーツで売ってるのですが、値上がりして1個700円もするようになってしまいました。
平均して本体は3ヶ月、噴口は2週間ぐらいでダメにしてしまうので、結構コストが。。。

IMG_0756.jpg
モノタロウで発見した良さげなノズル。アステージというメーカーで1,500円ほどと安いのですが、
納期が1週間かかりました。
この手のアルミ+プラスチックのやつって、ホームセンターで買ったのは
すぐに壊れて使い物にならなかったんですが、これはどうでしょうか。。。

IMG_0758.jpg
蓮口の大きいのと小さいのがあって、大きい方を試しに買いました。

IMG_0759.jpg
ZETTOのノズル。
すでに噴板が少し変形していて、噴水が均一では無くなってきてます。

IMG_0760.jpg
アステージのノズル。
噴口は大きいけれど、きれいに均一で直線的に出ます。
プラスチックの噴板なので変形する心配は無いですが、本体の強度が心配ではあります。

早速使ってみましたが、軽くてシンプルでこれはなかなか良いので、蓮口の小さい方も注文しました。
スポンサーサイト
[ 2016/07/27 17:42 ] グッズ | TB(-) | CM(0)

動噴のフレーム修理

IMG_0745.jpg
1ヶ月ほど前から動噴積んで運転してるとカタカタ音がするようになって、
ベルトカバーがエンジンに当たってる状態だったのはわかってたんですが。。。

IMG_0746.jpg
アルミのフレームが真ん中で破断してるではありませんか!
ポッキリ。
IMG_0747.jpg
これによって、エンジンと動噴がひっついてたんですね。

早速、購入した農機具専門店の秋田屋チェーンソーさんに持って行きましたが、
修理は不可能、フレームの取り替えになるようで、しかも現行品では無いためオーダメード、
フレーム代3万円プラス動噴・エンジン載せ替え工賃がかかるって。。。
社外品だともっとでっかくなってしまうし。

アルミだから高くなるのはしょうが無いとは思うけど、これってそもそもフレームの強度が
明らかに足りてない設計ミスだと思うんです。
どう見ても破断した部分1カ所に荷重が集中するようになってて、補強が全くない。
オーダーメードで同じもの作っても、これじゃぁまたすぐに同じ事になるのは必至。

車だったらリコール対象なんでしょうが、5年前のセット動噴ですから、補償なんてのもありません。
仕方が無いので、自分で修理してみることに・・・
溶接は道具持ってないし、ましてやアルミなんで無理です。
とりあえず金属用の強力接着剤で・・・とも思いましたが、また強度が不安なので、
補強材を取り付けることで何とかしようかと。
早速、隣のホームセンターコメリで、金物素材とボルトを買ってきました。

エンジンと動噴そのままでは作業出来そうに無いので、降ろすことに。
IMG_0749_201607231910543c2.jpg
最初にベルトカバー外したら・・・
ベルトが斜行してる。。。やば。。。この状態でだいぶ使ってました。。。

とりあえずエンジンと動噴降ろしてフレームだけに。
IMG_0750.jpg
アルミは柔らかいので、単純に破断してるだけでなくて、フレーム全体がゆがんでて、
しかも破断面はパイプが伸びてしまっているので、削って押したり引っ張ったりでゆがみを修整するのに一苦労。

なんとかゆがみを直して、金物を切ったり削ったり穴を開けたりで作って取り付け。
IMG_0751.jpg

一応、直ったようです。ベルトもほぼまっすぐに。
IMG_0752.jpg
破断したアルミのパイプは、結局そのまま。

ベルトカバー取り付けてみてエンジンかけても、カタカタ当たる音は無くなりました。
IMG_0753.jpg

IMG_0754.jpg
修理の材料代は1,000円かからんかったけど、えらい時間がかかってしもた。。。
[ 2016/07/23 19:28 ] グッズ | TB(-) | CM(0)

ミニバンドソー

CIMG6500.jpg
この機械は「ミニバンドソー」といいまして、電動糸鋸みたいなもんです。
細長いブレードがこの機械の中でぐるぐる回っているだけの単純な構造なのに、お値段が5万円ぐらいします。。。

何に使うかと言いますと、砥石を切ります。
石を切るためなので、ダイヤモンドブレード(鋸刃みたいなもの)で、上の白いタンクには水を入れてちょろちょろ出しながらゆっくりと切っていきます。

剪定鋏用の砥石はいくつか市販されているのですが、なかなかしっくり来るものが無くて自分で作っています。で、せっかくなので完成品を販売もしてます。
今日は中砥の在庫が無くなったので、切りました。
CIMG6501.jpg
剪定鋏用合成砥石(中砥)

刃物メーカーの岡恒さんから出ている剪定鋏用の砥石は大変優れもので使いやすいのですが、かなり荒いので、これで仕上げするととても具合がいいです。
普通の合成砥石(いわゆるレンガ)を小さく切ったもので、鋏を分解せずに研ぐためのもの。
あまり消耗してない鋏だと、これだけで気持ちよく研げます。

鋏を研いで欲しいというご依頼もたまにあります。
刃物屋さんじゃないのですが、私自身、良く切れる鋏で剪定するのが快感という性格なので、ご依頼があれば承ってます。お問い合わせください。
[ 2015/12/30 20:28 ] グッズ | TB(-) | CM(0)

鋏研ぎ

鋏の切れ味が鈍ってきたので、久しぶりに鋏研ぎをしました。
CIMG6408.jpg
バネは錆びて動きが悪くなると折れるので、良く洗ってきれいにして、油さして、ちゃんと動くようにしておきます。
岡恒の180mmですが、ちょっと(だいぶかな?)改造してます。・・・去年の記事

気持ちよく切れるようになりました。
CIMG6409.jpg
[ 2015/12/12 18:05 ] グッズ | TB(-) | CM(0)

動噴のホース

CIMG6086.jpg

30年近く使った動噴のホースが突然ダメになって、リプレース。
一番良いものを買おうと思ったのですが、農機具屋さんに在庫が無くて、プロ用の中級品。
とても軽い。。。助かります。
[ 2015/11/12 20:33 ] グッズ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

広沢章夫

Author:広沢章夫
イタミ・ローズ・ガーデンの広沢章夫です。実店舗「能勢ばら園」で毎日バラ苗作りに励んでいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。